第三世代が考える ヒロシマ「」継ぐ展2019

活動報告Report

【最終日レポート】8/9 2019年の継ぐ展が最終日を迎えました

/

継ぐ展代表の久保田です。

7/31からスタートした継ぐ展は8/9をもって無事10日間の会期を終えました。

来場者数は

広島会場 345名

灯ろう流し会場 375名

町田会場 1006名

でした。

会場では幅広い年齢層の方々がスタッフのあいさつや、来場者参加型の展示をきっかけに交流を深めていました。

平和学習にはじめて触れた人、避けて通ってきた人、過去にしたことを思い出した人、興味を持ちはじめた人、実際に戦争を体験した人、海外の人。

こういった背景の違う人たちが集い、対話を行うことで、ただ歴史的な知識を共有するに留まらず、これからを共に考えていく場所になっていると感じました。

企画展を通して、戦争や平和、ヒロシマについて問いを見つけ、答えを探し、継承を考える。

これからも問いかけの場所づくりを継ぐ展は行っていきたいと思います。

この企画展に携わってくださった全ての方々にお礼を申し上げます。

本当にありがとうござました。

活動報告トップへ戻る

町田会場

2019. 8/5 - 8/9

町田市生涯学習センター

8:30-19:00
※展示により開始・終了時間が異なります。
※継ぐ展の展示は10:00-。最終日17:00まで。

〒194-0013
東京都町田市原町田6-8-1
(町田センタービル6・7階)
TEL : 042-728-0071

開催概要へ

企画展チラシ

灯ろう流し会場

2019. 8/6

原爆の子の像 付近 継ぐ展ブース

お昼過ぎから


〒730-0811
広島市中区中島町1
(広島平和記念公園)

開催概要へ