第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展

活動報告

2019年4月4日(木)「町田市にお住いの被爆者、神戸美和子さんのインタビューを行いました」

2019.4.5 /

今年の企画展内で被爆証言をされる、町田市にお住いの被爆者 神戸美和子さんへのインタビュー取材を堤方4306(https://www.facebook.com/tmkt4306/)で行いました。
堤方4306(つつみかたヨンサンマルロク)は、池上にある動画撮影・配信スタジオ と 多目的レンタルスペースを兼ね合わせた施設です。
当日の参加者は8名で、インタビューの様子は、ネットでライブ配信を行いました。

神戸さんのお話は、聞いている人たちの共感を生むような等身大のお話でした。
被爆後の生活や、引っ越し先で受けた差別の話、ケロイドを持った兄弟のお嫁さんのお話など1時間半にわたって優しい口調で語ってくださいました。

インタビューは後日、「広島の記憶を継ぐ人インタビュー」(https://tsuguten.com/interview/)として継ぐ展のウェブサイトに掲載予定です。

活動報告トップに戻る