第三世代が考える ヒロシマ「」継ぐ展2019

活動報告Report

ヒロシマの記憶を継ぐひとインタビュー 第1章 「受け」継ぐ

/

 

今、ヒロシマを語り継いでいる人たちは何を想い、何を伝えようとしているのでしょうか。
企画者の私たちと同じく、戦争を経験していない世代の保田麻友さん。
活動を始めたきっかけや、どういう想いで活動をしていらっしゃるか、また同じ若い世代のひとたちへ向けてメッセージを伺いました。

【Section 1平和活動を始めたきっかけ】

Q.平和活動を始めたのは何歳の時ですか?

A.大学2年生の時なので、19歳のときですね。10年前になります。

Q.きっかけは何だったのでしょう?

A.大学1年生の時に、友人に誘われてとうろう流しに参加をして、その時に初めて、ボランティアの人達がたくさんいらっしゃることを知りました。
とうろう流しを見たときに「きれいだな。」と思う以上に感じるものがあって、私もボランティアとして参加をしたいと思い、インターネットで探して、団体を見つけてメールを送ったのがきっかけです。

Q.「感じるものがあった。」というのは、具体的にどのようなものですか?

A.私自身、広島にずっと住んでいたのに、平和記念式典に行ったことも、とうろう流しを見たこともありませんでした。
それで、8月6日に平和公園に行ったら、こんなにも人が多くいるんだという驚きと、とうろうの数もすごい数だったので、色々な方の想いが込められていることが伝わってきました。・・・

保田さんのインタビュー全文はこちらから
http://tsuguten.sakura.ne.jp/interview_yasuda/

hd_im_01

 

 

活動報告トップへ戻る

町田会場

2019. 8/5 - 8/9

町田市生涯学習センター

8:30-19:00
※展示により開始・終了時間が異なります。
※継ぐ展の展示は10:00-。最終日17:00まで。

〒194-0013
東京都町田市原町田6-8-1
(町田センタービル6・7階)
TEL : 042-728-0071

開催概要へ

企画展チラシ

とうろう流し会場

2019. 8/6

原爆の子の像 付近 継ぐ展ブース

お昼過ぎから


〒730-0811
広島市中区中島町1
(広島平和記念公園)

開催概要へ