第三世代が考える ヒロシマ「」継ぐ展

活動報告Report

2020年8月1日(土)10:00-11:30 オンラインワークショップ講座開催のお知らせ

/

問いを立てて被爆者、伝承者に質問し、考える力を身に付けよう!「ヒロシマを知り・学び・継ぐ」 問いづくりWS

全国の小・中・高・大学生大募集!
「子供たちが自分の頭で考える力を身につける」ことをテーマに、
少人数のグループに分かれて問いを立て、広島の被爆者 梶本淑子さんと被爆体験伝承者 青木圭子さんに質問を行う無料のオンラインワークショップです。

日 時 2020年8月1日(土)10:00-11:30(9:45- 伝承者 青木圭子さんによるミニ講座付)

会 場 オンライン
(お申込み頂いた方へ「ZOOMの参加方法」をお伝えします。)

対象者 小・中・高・大学生
※親子での参加、様子を見守る大人の方のご参加も歓迎します!

定 員 40名

ゲスト 梶本淑子(広島被爆者)/ 青木圭子(被爆体験伝承者)

当日の流れ

9:45 ~ 10:00 :
被爆体験伝承者 青木圭子さんによる原爆に関する基礎知識と被爆者 梶本淑子さんの被爆体験記(15分)
10:00 ~ 10:20 :
Opening
10:20 ~ 10:50 :
問いづくりワークショップ
10:50 ~ 11:20 :
ゲストとの対話
11:20 ~ 11:30 :
振り返り ※オンラインとうろう流しに想いを書く

参加費

無料
※大人の方へ:今回のイベントへの寄付・支援金を受け付けております。(https://congrant.com/credit/form?project_id=328)
頂いた支援金は、配信を行う会場費やゲストの方への往復交通費としてあてさせていただきます。皆様のお志をよろしくお願いいたします。

参加条件

参加前に必ず、被爆者 梶本淑子さんの下記の被爆体験記を読んだり、インターネットで調べたりして、ご参加ください

主 催

問い立てラボ(http://toitatelabo.jp)/ 第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展

資料提供協力

HIROSHIMA SPEAKS OUT(https://h-s-o.jp/

活動報告トップへ戻る