第三世代が考える ヒロシマ「」継ぐ展2019

活動報告Report

広島取材2回目 アジアの留学生と8月6日以降一緒に過ごした栗原明子さんにお話を伺いました

/

IMG_4693

【広島取材2回目 アジアの留学生と8月6日以降一緒に過ごした栗原明子さんにお話を伺いました】

◆2017年4月17日(月)

4月15日(土)広島で継ぐ展の取材が行われました。
当時19歳で専門学生だった栗原明子さん(90歳:被爆当時19歳)は、軍事訓練を受けるために来日していたアジアの青年たちとの出会いや、被爆直後に一緒に過ごした日々について話して下さりました。
原爆の被害を受けたのは決して日本人だけではなかったこと、そして日本人を助け励ましてくれた外国の青年たちがいたことを知りました。

インタビューは後日、「広島の記憶を継ぐ人インタビュー http://tsuguten.sakura.ne.jp/interview/」としてホームページに掲載され、会場でも全文を読むことができます。ぜひご覧ください。

活動報告トップへ戻る

町田会場

2019. 8/5 - 8/9

町田市生涯学習センター

8:30-19:00
※展示により開始・終了時間が異なります。
※継ぐ展の展示は10:00-。最終日17:00まで。

〒194-0013
東京都町田市原町田6-8-1
(町田センタービル6・7階)
TEL : 042-728-0071

開催概要へ

企画展チラシ

とうろう流し会場

2019. 8/6

原爆の子の像 付近 継ぐ展ブース

お昼過ぎから


〒730-0811
広島市中区中島町1
(広島平和記念公園)

開催概要へ