第三世代が考えるヒロシマ「」継ぐ展

Loading...

2018年夏休み自由研究ツール ヒロシマを知り、平和について考えてみよう! 自由研究ツールをダウンロードして企画展に行き、ヒロシマを学ぼう!

自由研究ツールをダウンロードして
企画展に行き、ヒロシマを学ぼう!

継ぐ展 夏休み自由研究サポート教室で学んでいる子どもたち

2018年8月10日(金)~8月15日(水)、せんだいメディアテーク5F ギャラリー3300 Cで行われる企画展、第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展に行き、パネルで学んだことやイベントに参加して感じたことを自由研究ツールに書き込んで、オリジナル自由研究を完成させよう!

自由研究ツールの特ちょう

自由研究ツールの表紙 日本地図

自由研究ツールを用意しよう

自由研究の完成見本付!
自由研究ツールはご家庭のプリンターでプリントアウトできます。
会場でも300円(カラー印刷代)で販売しています。
※無くなり次第終了

知る質問と考える質問の例

問題は全部で20問

知る14問、考える6問、計20問の答えを展示会場で探し、文章で考えて書き込みます。
問題は初級・中級・上級の3つにレベル分けされているので、自分のレベルに合わせて学べます。

広島のスタンプラリーの台紙

スタンプラリーで
ヒロシマを知ろう

消しゴムはんこでつくられたスタンプラリーを通して、広島平和記念公園の中の慰霊碑や爆心地などを知ることができます。

自由研究サポート教室でスタッフと一緒に活動する子どもの様子

自由研究サポート教室で
さらに深める!

会期中に開催する自由研究サポート教室に参加をすると、さらに学びを深めることが出来ます。10代~30代のスタッフが、自由研究の答え探しをサポートし、一緒に考えていきます。

※自由研究の対象は、小学生高学年以上ですが、大人の方でもご利用いただけます。
※自由研究サポート教室の参加者には自由研究ツールをスタッフがご用意します。

自由研究完成イメージ

自由研究、つくる形は自由です
自由研究完成イメージ

タイトル・写真・装飾など、
思いのままにつくってね!

自由研究ツールの中の考えるヒント(Q&A)と、スタンプラリーの地図をもとに、会場で学んだこと感じたことを、色々書き込んで、あなたのオリジナル自由研究を完成させてね!

自由研究サポート教室とは?

より深くヒロシマについて学びたい方向けの1時間の教室です。
10代~30代の継ぐ展スタッフが、
自由研究の答え探しをサポートし、一緒に考えていきます。

サポート教室で活動する子どもたち

参加者特典

★8/11(土)、12(日)1回目
13(月)、14(火)2回目

2015年に伝承者の資格を取られた東京都在住の広島市被爆伝承者養成事業1期生 楢原 泰一さんと広島市在住の青木圭子さんが、被爆の実相(原子爆弾投下によるさまざまな影響)について企画展を回りながら解説をしてくださいます。

※展示解説ツアーは任意参加です。
※時間は45分~1時間を予定しています。
※大人の方もご参加いただけます。

時間
各日程によって異なります。
詳しくはサポート教室の日程をご確認ください。
日程
8/11(土)~8/15(水)
募集人数
各回5名程度
参加費
500円(材料費)
※参加費は、参加費当日にイベント会場でお支払いになります。

日時変更・キャンセルは開催日の3日前まで承ります。
下記、メールアドレスにご連絡ください。
ご不明点などございましたらお気軽にご連絡ください。
tsuguten2018@gmail.com

サポートスタッフが子どもへ説明している様子

サポート教室の日程

サポート教室 展示ツアー
8/11(土) 1回目
11:30-12:30 10:15-11:15
(広島市被爆伝承者養成事業
1期生 楢原泰一)
8/11(土) 2回目
16:00-17:00 -
8/12(日) 1回目
11:30-12:30 10:15-11:15
(広島市被爆伝承者養成事業
1期生 楢原泰一)
8/12(日) 2回目
16:00-17:00 -
8/13(月) 1回目
11:00-12:00 -
8/13(月) 2回目
16:00-17:00 14:00-15:00
(広島市被爆伝承者養成事業
1期生 青木圭子)
8/14(火) 1回目
11:00-12:00 -
8/14(火) 2回目
16:00-17:00 14:00-15:00
(広島市被爆伝承者養成事業
1期生 青木圭子)
8/15(水) 1回目
11:00-12:00 -

平和学習ってなに?

広島・長崎・沖縄など、特に西日本の地域では、「平和学習」と呼ばれる戦争・平和について考える授業が、国語や算数と同じ感覚で行われています。広島では夏休み中の8月6日が登校日の学校もあり、戦争の映画を見たり、広島平和記念資料館を訪れたりするなど、小さな頃から平和とはなにか?ということについて考えていきます。

参加者の声

40代男性

子どもにどうやってヒロシマの出来事を伝えたらいいのか悩んでいましたが、継ぐ展の自由研究が良いきっかけになりました。

30代母親と赤ちゃん

家族で広島に行く前の事前学習としてサポート教室に参加しました。先に学んでから広島に行くことができるので良かったです。

50代男性

自由研究サポート教室のスタッフさんたちが若かったので、人見知りしがちな子どもが緊張せずに学習に参加できました。

30代女性

自由研究をきっかけに、子どもが戦争について興味を持ちはじめ、本など読むようになりました。

子どもたちを補助するサポートスタッフ

自由研究サポート教室
に参加しよう!

子どもたちを補助するサポートスタッフ

自由研究サポート教室でより詳しく当時の広島の様子や戦後の復興の過程について学ぼう!
ここでしか学べない、特別な夏休みの一日を体験しよう!

サポート教室を申し込む

自由研究サポート教室
学生スタッフ募集

参加者と共に学びを深める高校生~大学生までのボランティアスタッフを募集します。研修もございますので未経験者の方もお気軽にご応募ください。私たちと一緒にヒロシマを伝える活動に取り組んでみませんか。

学生スタッフ
申し込みフォーム
スタッフが女の子に説明している様子

自由研究サポート教室支援のお願い

より充実した学びにつなげるため、
教材の企画開発や教室運営にかかる資金援助を頂ける方を募集しています。
詳細はリンク先をご確認ください。みなさまのご支援をお待ちしております。

支援する

自由研究ツール2018 企画・運営

サイト制作

アベ ケイスケ

アベ ケイスケ

自由研究ツールデザイン

グラフィックデザイナー。1973年生まれ、三重県出身。
Baobab design Companyとしてデザイン活動を主に、地域コミュニティーの活動、イベント企画、川崎商工会議所 街おこし協力隊 IT分科会所属など「四方良し」をモットーに幅広く活動。
【デザイン】雑誌・ムック・書籍・コミックスのページデザイン、および 設計・ディレクション・ロゴ制作ほか、グラフィックデザイン全般。
【地域活動】リレーションシップ マインドにより、人と人、人と地域の繋ぐ実験プロジェクト「Dekilu -デキル-」を主宰・構築中。
2015年 大田区にて「子連れママが息抜きで参加できるイベント」として「絵本の朗読と音楽をMIXしたライブを企画」するなど盛り上げに一役。
よりサスティナブルで、愉しい地域作りのために奔走中。
また、ハワイの伝統ギタースタイル・スラックキーを用いライブ活動なども行っている。
WEB サイト:http://baobab-dc.com/

津久井 智子

津久井 智子

スタンプラリーはんこ作成

消しゴムはんこ作家。1980 年生まれ、埼玉県出身。
2003 年より、象夏堂(しょうかどう)の屋号で、イベント等でオーダーメイドの消しゴムはんこ製作・販売を開始。
2005 年の書籍出版をきっかけに、メディア出演やワークショップなどを通して、消しゴムはんこの楽しみ方や活用法を提案するようになり、専用インクやキットのプロデュース、イベントでのデモンストレーションなど、消しゴムはんこの可能性を広げる活動を展開。
多くのフォロワーを生み、「消しゴムはんこ」ブームを牽引してきた。
2012 年からは活動の場をアジア・ヨーロッパにも拡げ、日本発のアートとして、作品を世界に向けて発信し始めている。
著書:「消しゴムはんこ。はじめまして」(大和書房)『レトロかわいい消しゴムはんこ。』 (主婦の友社)など9冊。
WEB サイト:http://tsukuitomoko.com/

第三世代が考える
ヒロシマ「 」継ぐ展

継ぐ展ミーティング風景

戦争を体験していない世代(第三世代)が、" ヒロシマ " を継いでいく方法を考える企画展です。
2015 年から東京在住の 30 代が中心となり、若い世代や親子連れに向けた平和学習の場所を考え「体験」をともなった参加型の形をとりながら、携わった人たちの自主性を促す学びの場をつくっています。
企画展タイトル名の「 」には、情報を受け取るだけでなく、自ら意志を持って過去の出来事を学び、聞き、考えて、自分なりの答えを入れてほしいという思いをこめています。

※ヒロシマ=被爆都市として世界恒久平和の実現をめざす都市であることを示す。