第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展

活動報告

広島の記憶を継ぐ人インタビュー:被爆者の中西巌さんの記事をアップしました。

2017.7.28 /

hd_im_011

【広島の記憶を継ぐ人インタビュー】

今、ヒロシマを語り継いでいる人たちは何を想い、何を伝えようとしているのでしょうか。
爆心地から2.7キロ離れた場所にある広島陸軍被服支廠で被爆された中西巌(87)さん。
現在この建物の保全活動の代表として、そして語り部として活動をされています。
8月6日当日のこと、会を立ち上げた経緯、若い人たちに向けたメッセージなどを伺いました。

記事はこちらから http://tsuguten.sakura.ne.jp/interview_nakanishi/