第三世代が考える ヒロシマ「」継ぐ展

活動報告Report

広島の記憶を継ぐ人インタビュー:ヌルハイザル・アザムさんの記事をアップしました

/

【広島の記憶を継ぐ人インタビュー】

今、ヒロシマを語り継いでいる人たちは何を想い、何を伝えようとしているのでしょうか。
マラヤ(現:マレーシア)から留学中に広島で被爆した南方特別留学生を調べ、遺族を探し、国立広島原爆死没者追悼平和祈念館への遺影登録につなげたマレーシア人のヌルハイザル・アザムさん(47)。マレーシアや日本の人たちに南方特別留学生のことをもっと知ってもらいたいと活動を続けています。アザムさんの想いを伺いました。

記事はこちらから:https://interview.tsuguten.com/interview_azam/

活動報告トップへ戻る