第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展

活動報告

広島大学で「ひろしま平和共生リーダー概論」の1講座を担当致しました

2017.6.27 /

hl
広島大学で1年生に向けて行われる「ひろしま平和共生リーダー概論」
その中の2コマ(リーダー実践編ワークショップ)を、継ぐ展代表の久保田涼子と、以前継ぐ展のインタビューでもご紹介させて頂いた福岡 奈織さんがゲスト講師として担当し、それぞれの活動のきっかけや活動内容などを共有しました。

19531623_10207773978986223_1053183180_o

 福岡さんの講義

19532009_10207773948505461_1738414485_o

継ぐ展のパートでは、代表の久保田がなぜこの企画展を行おうと思ったのかというきっかけと、制作の方法、継ぐ展の2年間の活動を動画で紹介しました。
途中、留学生を含んだ大学生ボランティアメンバー3名と、東京から来た企画スタッフ1名が同世代の学生にそれぞれの体験を共有していきました。

19496239_10207773996546662_541929563_o

19576549_10207773948625464_1313884806_o

講義の最後には、継ぐ展のコンテンツでもある「とうろうに込めるメッセージ」を学生さんたちに体験して頂き、自分にできる平和へのアクションを考えて頂きました。

19496465_10207773948745467_307415170_o

参加された学生さんたちの心に、少しでも新しい気づきが生まれることが出来たら幸いです。

このような機会を与えてくださった広島大学さまに感謝いたします。

広島大学のレポート http://hirodaicoc.hiroshima-u.ac.jp/2017/08/03/heiwaleader5_6/

活動報告トップに戻る