第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展

活動報告

8/10(金)仙台本展、本日からスタートです!

2018.8.10 /

8/10(金)仙台本展、いよいよ本日から、せんだいメディアテークでスタートです!
昨日は台風の中、朝9時から夜21時まで総勢20名が入れ替わり立ち替わり会場設営を行いました。

 

廊下まで使う、想いのこもった展示になったと思います。
本日はオープニングイベントとして、以下の3つのイベントを予定しております。

■11:00~12:00
被爆者 梶本淑子さんとお話しよう
証言活動(年間約130回 約1万人)を国内外で続けておられる梶本さん(87歳)とお話をする会です。
※台風の影響により、広島仙台間の飛行機が欠航になったため、広島サテライト会場であるCLiP HIROSHIMAからテレビ電話を通じてお話をして頂く形になります。

■13:00~17:00(弾き語り13:00 / 15:00)
被爆アオギリの木のお話を聞いてチョークで葉を描こう
広島平和記念公園に奇跡的に再生した被爆アオギリの木があるのをご存知ですか?
絵本「アオギリのねがい」のお話の後、チョークでその姿を参加者で描いて再現します。
沢山の葉っぱを描いて平和の木を育てましょう。

【ストリートペインター】松本かなこ
【ギター弾き語り】芳晴
【共催】路上芸術祭実行委員会

■18:00~19:00
「絵で読む広島の原爆」原画作家 ギャラリートーク
広島に長期滞在をし、綿密な聞き取りに基づいて生まれた絵本です。西村さんが制作にかけた想いなどお話をしてくださいます。

【ゲスト】
西村繁男(絵本作家)

お子様から大人まで参加しながら考えることができる内容となっておりますので、この機会にぜひ足をお運びください。

活動報告トップに戻る