第三世代が考えるヒロシマ「 」継ぐ展

活動報告

新潟県の光晴中学校で「継ぐ展」について代表の久保田が特別授業を行いました。

2018.1.23 /

来週から修学旅行で広島を訪れる新潟県の光晴中学校2年生の125名の生徒さんに「継ぐ展」について代表の久保田が特別授業を行いました。 講義内容は、継ぐ展を作るきっかけや3年間の軌跡、歴史から何を学び継げば良いのかという問いかけを50分間で行いました。 今回の機会を生かし、中学・高校の教員の方と連携しながら考えていく企画を継ぐ展の中で行うことができたらと考えています。 今年の仙台継ぐ展の企画の一部に光晴中学校の生徒さん達にもご協力いただく予定です。 光晴中学校の先生方、生徒の皆さん、ありがとうございました。